« 美夜さん 「草薙素子@攻殻機動隊」 | トップページ | BSマンガ夜話 第29弾! »

フィギュア 「たかたさん&デンワくん」

40_040222_002a.jpg

ワンダーフェスティバル2004冬
スペース 「D29-12」
喜狂屋工房さんのサイト

通販業界のトップシェア、その名も轟く「ジャパネットたかた」!そのフィギュアを作ってるスペースがあったので、写真撮らせて頂きましたー。これ、スッゴイ人気でしたよー。お昼前には完売だそうです(デンワくんは在庫あり)各フィギュア雑誌のヒトも来てたので、来月あたりワンフェス特集で載るんじゃないかな~。当日版権、たかた社長もよく出して下さいましたよね。最初の一個は、ジャパネットたかたがお買い上げ、もし在庫が残った場合はたかたが負担します!と言ってくれたそうです。さすが!太っ腹やー。大きい画像はこちらです。

ジャパネットたかた、最初は長崎の小さなカメラ店だったそうですね。当時はあまりパッとしない街の写真店だった様子。ふとしたキッカケで、ラジオショッピングにペンタックスのコンパクトカメラを出したところ、即日完売御礼!通販のその威力を身を持って体験した所から、今のたかた社長があるそうですよー。(伝聞なので、もし間違ってたら教えてね(^^;)

彼の立派な鼻を整形では~?と思う方もいるかもしれない。私もあの耳に残る特徴ある声、整い過ぎた鼻筋、モーレツに商売に対して厳しい方だそうなので、自分自身をTV映えするように改造されたのかと思ってましたよ。でも、小さなカメラ店時代の白黒写真を拝見したら、すでに当時からほぼ今のまま、あのたかたさんでしたね。(PhotoShopによる修正は万能の、このご時世。写真もデジタルからネガが起こせるので、証拠能力とゆー意味ではまったく意味をなさないかもしれません。写真だと、某女性アーティストの修正などは有名ですね)一度も利用した事はありませんが、遠く長崎の地より、日本全国を見据えて商売をされているたかたさんが、私は嫌いではありません。

参考リンク
テレビショッピング10周年記念感謝祭中
ジャパネットたかた・オンラインショッピングサイト

【追記】当日版権
このワンダーフェスティバルが成立できる、重要なシステム。今でこそ、それぞれのキャラクターや作品には著作権などの権利が存在するのは周知の事実ですが、実際初期の頃のWFではまったくの無法地帯だったそうです。それを改善したのが、このイベント当日、一日のみ限定の販売において、そのキャラクターの名前やデザインを使用できる当日版権のシステムだそうです。限定付きではありますが、販売される版権モノのフィギュアは、すべて版元の許可を得た正規商品になるワケですね。だから商品には、許可を得た証しである、証書が張ってあるんですよー。


|

« 美夜さん 「草薙素子@攻殻機動隊」 | トップページ | BSマンガ夜話 第29弾! »

コメント

うおお、気がつかなった。見たかった。

投稿: geek | 2004.02.23 02:16

こんばんはー!更新、お疲れ様です。
D29-12は、フィギュアのメインストリームとは
離れた場所にありましたものね。周りはどちらかと
言えば、フリマっぽいディーラーさんが多かったです。
あの広い会場、じっくり見て回るにはあまりにも時間が
足りないですよねー(笑)

投稿: じっぷ | 2004.02.23 02:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5200/224688

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュア 「たかたさん&デンワくん」:

» ワンダーフェスティバル2004[冬]のちょいレポート(東京ビックサイト) [アキバBlog(秋葉原ブログ)]
ワンダーフェスティバルとは食玩を作らせたら世界一!チョコエッグで有名な海洋堂が主催する世界最大の造形の祭典だ。あえて、ガレキファンの怒りを買う言い方をすると、コ... [続きを読む]

受信: 2004.02.23 02:17

« 美夜さん 「草薙素子@攻殻機動隊」 | トップページ | BSマンガ夜話 第29弾! »