« 内海光流さん&紫稀さん (秋葉原コスプレ博) | トップページ | ゴールデンウィーク注目のコスプレイベント »

シーザーを理解するために、シーザーである必要はない


雑誌「映画秘宝」(明日、21日には6月号が出ちゃうんですけどねー)を見てたら、映画イノセンスの解説をやってくれてました。検死官の部屋ではトグサだけが白い息をしているのは気付きましたが、まさかハッキングをかけられていたとは~。うーん、めくるめくつむぎ出される難解なワードもそうですが、押井守監督ワールドに対する自分の理解度の低さが、まざまざと(笑)でも、イイんです!コンビニと未来だんじり(C)岡田斗司夫のシーンだけでも、元が取れたと思ってます。いい映像でした。

□柿も青いうちは鴉も突つき不申候
□自分のツラが曲がっているに鏡を責めてなんになる
□鏡は悟りの具にあらず、迷いの具なり
□春の日やあの世この世と馬車を駆り
□シーザーを理解するためにシーザーである必要はない
□孤独に歩め…悪をなさず、求めるところは少なく…林の中の象のように
□その思念の総計はいかに多きかな、我これを算えんとすれどもその数は沙よりも多し
□彼らの秋の葉のごとく群がり落ち、狂乱した混沌は吼えたけり
□忘れねばこそ想い出さず候
□信義に二種あり、秘密を守ると、正直を守るとなり。両立すべきことにあらず。
□秘密なきは誠なし
□生死の去来するは、棚頭の傀儡たり。一線断ゆる時、落々磊々
□人の上に立つを得ず人の下に就くを得ず路辺に倒るるに適す
□ロバが旅にでたところで馬になって帰ってくる訳じゃねえ
□寝ぬるに尸せず 
□未だ生を知らず焉んぞ死を知らんや
□神は永遠に幾何学する
□鼓を鳴らし攻めて可なり
□鳥は高く天上に蔵れ、魚は深く水中に潜む
□何人か鏡を把りて魔ならざる者ある。魔を照らすにあらず造る也。即ち鏡は瞥見す可きものなり、熟視すべきものにあらず
□鳥の血に悲しめど魚の血に悲しまず。声あるものは幸福也
□そろそろ仕事の話、しないか?

(イノセンス公式サイト イノセンス早わかりFAQより)

今後、さらに解説が追加されるようですね。楽しみー。もし個人サイトで解説してくれているトコがあったら教えてやってくださいまし。そうそう、秘宝の特集のラストで、まんが家のあさりよしとおさんのコメントが出ていました。「この作品が本当に理解出来るのは35歳を過ぎた、さびしい男だけだ」(ズバリ!)

では、私からもひとつ。

「行く川の流れは絶えずして、しかも元の水にあらず」

うーん、分かったよーな。
分からないよーな・・・(笑)


参考リンク

映画秘宝公式サイト (HP

イノセンス公式サイト (HP

|

« 内海光流さん&紫稀さん (秋葉原コスプレ博) | トップページ | ゴールデンウィーク注目のコスプレイベント »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5200/469569

この記事へのトラックバック一覧です: シーザーを理解するために、シーザーである必要はない:

» [映画の話] その30 [記]
最近イノセンス関連でここに来る人が多いのは (3月15日付の日記で劇中の引用文について扱ったから) DVDの影響なんだろうけど リンク元の検索結果から他のサイト... [続きを読む]

受信: 2004.09.24 11:23

« 内海光流さん&紫稀さん (秋葉原コスプレ博) | トップページ | ゴールデンウィーク注目のコスプレイベント »