« ワンダーフェスティバル 2004[夏] | トップページ | 9月の注目の番組・イベント »

ワンフェスでの撮影


40_040829_004a.jpg


ワンフェスリポートのパート2です。まず今回、初めてディーラーの売り子としてフル参加させて貰った人間から見た、ワンフェスの撮影事情から。

ネット上ではワンダーフェスティバルレポート(各ジャンルに分けて網羅してくれてあるRinRin王国さん、8/30の記事を参照されると便利です!)もあちこちのサイトで掲載されてますね~。喜狂屋工房にも足を運んで下さった方もいらっしゃったようで、主宰のクリスさんに変わって、私からもありがとうを言いたい気持ちです(^^)/

前回のWF2004冬の時も少しお手伝いさせて頂いたのですが、フィギュアの世界では「声をかけて撮る」が基本ルールで、特に掲載許可などは求めないようですね。これは私の見ていた範囲で、個人サイトの方もプレスさんも同じでした。コスプレの世界では、撮影させて頂いた写真を何か利用したい場合、相手に確認を取るのがセオリーなんです。あ、別に良い悪いの話をしているワケじゃないですよー。そのジャンルには、育んできた歴史に根付いた習慣やルールってありますもんね。

会場では、メインストリームから離れたスペースにある喜狂屋工房まで足を運んで下さる方は、きっとお好きなんでしょうね~。こまめにディーラーを回ってチェックされてる熱心な方だけあって、撮影する時にも必ず一声かけてくれますね。こちらも興味を持って下さるのは嬉しいので、笑顔で応えていたと思います。ただ周りの人気スジのブースを見ると、黙って撮って行く方も多いようですねー。撮影して行く事自体はイイと思うんです。でも、その写している対象の背景にある、製作者の熱意とか思い入れは伝わっているのかなあ?(本当は売ってるモノを展示している事もあって、書店でのケータイ万引きにもリンクして思いをはせたり)私も写真を撮る側の人間なので、いい写真残したいのは気持ちよく分かります。でも混雑する中、一人で延々と場所と時間を独占してしまう行為は、見ていてあまり良い印象は無かったですね。

WEBや雑誌のイベント記事を読むと、最近よく「携帯で撮るのは失礼」って文章を見る機会があるのですが、これって間違ってると思うんです。基本的に、撮影ってのは失礼なものですよ。特に相手があって、それに魂とかスピリットがこもってる場合は。高価な機材を使用しているから?プレスだから?そんなの関係ないっすよ。その裏には、どこか自分達はそこらに群れているオタクとは違うのだとゆーニュアンス(取材の邪魔に思ってらっしゃる気持ち)を感じるんですね。大切なのは、撮影する相手に対する理解と敬意じゃないですか。同じですよ、カメラ抱えてアマチュアのイベントの領域に入るのであれば。仕事であれ趣味であれ、撮りたいのは自分の側の都合って事を忘れてはいけないと思う。(フォロー入れておくと、プロフェッショナルの自信からくる傲慢さは嫌いじゃないですし、好きでもないジャンルの仕事、大型イベントの過酷な環境のツラさはお察し致します。私も自分の好きなオタク世界を紹介して下さるのは嬉しいので、プレスの方には出来る限り協力させて頂いてますよー)

コスプレ関係としては、女子更衣室はお昼の時点で550人。朝からの雨だけあって、かなり参加取りやめたり、ゆりかもめ線をはさんで向かいのTFTのイベントに回避されたコスプレイヤーさん達も多かったようですね。あとで聞いたら、その東京コスプレキャラクターショウは、更衣室の入場待ちの列が入り口を越えて外まで伸びたそうですねー。大変だあ(笑)!コスプレ撮影スペースは、雨天の為ガイドブックにある場所からは変更され、屋外ではありますが、屋根のあるトラックヤードでした。私は一瞬しか覗けませんでしたが、海洋堂さんのその配慮に感謝しました。ぜんぜん対応冷たくはない。ただ、撮影スペースが移動も困難なほど混み混みだったのは、相変わらずでした。

写真は、ワンダーフェスティバル2004[夏]の公式ガイドブックより、水玉蛍之丞先生デザインの公式キャラクター「ワンダちゃんとリセットちゃん」のコスプレをされている、遠藤菜乃さんと真崎みやびさんです!菜乃さんは、つい先日秋葉原のコスプレ喫茶Cafe Mai:lishを卒業されたばかり。立ち上げ段階から関わって、激動の二年間を駆け抜けました。お疲れ様でした!相方のみやびさんは、なんと北海道からの遠征組だったそうですよー。三度上陸して大きな被害を出した台風16号、行き帰りと重ならなくてホント良かったですね(^^)/

(せっかくの公式キャラクター合わせなのに、写真が小さくてゴメンなさい。これじゃせっかくのみやびさんのツインテールも、菜乃さんの外ハネや当日朝までかかったTシャツのデザインもよく分からないよねー。スペースDからコス撮影スペース間の移動が大変で、急いで売り子に戻らなきゃいけなかったんですわ。申し訳ないです(^^;)


【参考リンク】
nopain world
遠藤菜乃さんの個人サイト。人気WRの重い看板が外れた今こそ、これからのご活躍に期待なのです!

Loving yoUr Voice
真崎みやびさんの個人サイト。北海道の人気コスプレイヤーさんなんですねー!サイトは英語対応です。

アキバBlog
8/30の記事を拝見したら、geekさんも喜狂屋工房に来て下さったようですね!背景を見ると、午前中のようだから私は出払っていた時間帯かも?また機会があったら、ぜひ声かけてやってくださいねー(^^)/


|

« ワンダーフェスティバル 2004[夏] | トップページ | 9月の注目の番組・イベント »

コメント

geek@アキバBlogです。

はい、喜狂屋工房さんには13時前ごろにお伺いしました。
「電脳なをさん」 スティーブ・ジョブスとビル・ゲイツのフィギュアがとても面白かったので、WF2004夏概要の記事のオチに使わせていただきました。

Free Fallさんが喜狂屋工房さんにいらっしゃるとは知らなかったので、ご挨拶もせずにすみませんでした。


また機会があったら、ぜひ


投稿: geek@アキバBlog | 2004.09.01 09:07

どもども、そろそろ本格始動のモナケンです(´∀`)

写真撮る時っていろんな意味で確かに気を使いますよね。
「客なんだから~」とか「仕事だから」とか以前に相手に
失礼無いように接しないと人間的にまずいと思うし、
「いい道具使ってキレイに撮る」だけが上手いとも思えない
ッス。
やっぱりいい絵は良い状況(自分だけじゃなく)
だから撮れると思うし、無理やりねじ込んだところで
虚しいとも感じないなら、それほど悲しいものは無いッス。

最近になってイベント行く度に関係者とケンカしてる人を
見てると、どうも考え込むことが多くなるんだよね。

投稿: モナケン | 2004.09.01 23:15


  TO geekさん
 どもども、書き込みありがとうございます!
 初めてコメント残して下さったのも、ワンフェスでしたよね。
 特殊なジャンルだけに、面識ない方がコメントを書いて下さる
 機会も少なかったもので、とても嬉しかったのを覚えています。

 日々の更新、大変だと思いますが、私も楽しみにしてます。
 ところで、秋葉原にプールがあるってホントですか!?

  TO モナケンさん
 復活、おめでとうございますー!
 この数ヶ月は激動の時期だったようですね。

 お、ちゃんとワサワサした場所にも足を運んでらっしゃる様子。
 私はとゆーと、映画の日に「LOVERS」みてきました。チャイニーズ
 ゴーストストーリーとか好きなので、楽しめました(^^)/


投稿: じっぷ | 2004.09.02 23:56

じっぷさんへ

はい、アキバの芳林公園には子供用プール(とゆうか水浴び場)があります。
http://blog.livedoor.jp/geek/archives/5960811.html
ほんとにビックリしました。

アキバBlogを見ていただいてありがとうございます。
こちらこそ、Free Fallさんの更新を楽しみにしています。(^_^)

投稿: geek@アキバBlog | 2004.09.05 05:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5200/1326803

この記事へのトラックバック一覧です: ワンフェスでの撮影:

» ワンダーフェスティバル2004夏 の様子 [アキバBlog(秋葉原ブログ)]
8月29日にワンダーフェスティバル2004夏が開催されたが、あいにくの雨となったが、開場前の入場待ちの行列は2003冬とさほど変わらないところまで伸びているよう... [続きを読む]

受信: 2004.09.01 09:07

« ワンダーフェスティバル 2004[夏] | トップページ | 9月の注目の番組・イベント »