« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

名古屋へ行って来ました


z30_050128_001.jpg


日帰りですが、名古屋に遠征して来ました~!私にとっては、名古屋の地を踏むのは初体験。WEBであれこれ調べて行ったので、もう頭の中は食べ歩きのプランでイッパイですー(笑)

しかし、上手くは行かないものですね。仕事が押してしまったので、名古屋駅周辺をチラッと見学して電車のヒトとなりました。写真は名古屋を代表するキャラクター「ナナちゃん」です。駅前の百貨店、名鉄セブン前にいるからナナちゃん??いつもはその時々に合わせて衣装を着ているそうですが、この時はなぜかマッパ!光の巨人か、はたまたモジモジ君か!?って感じで、ファッショナブルなナナちゃんが台無しです。この股の間を、老いも若きも、多くの男女が通り抜けて行くんですよー。私は、ちょっと躊躇いましたね(笑)(背中に見えるハッチが何なのか気になりますなー)

東京6:50発「のぞみ」で出発。一時間半で、もう到着なんですね。近い近い。朝ゴハンは噂に名高い、新幹線ホームの立ち食いそば屋さんで、きしめんを頂きました。これ、長年期待してたんですよ~。昔「笑っていいとも」でタモさんも、ホメてたんですよ!名古屋イチとの噂も聞いていました。でも残念ながら、ココイチのカレーきしめんの方が百倍好みだなー。(店の最終評価、個人の好みとゆー曖昧な評価軸でボカしてます)

お昼ゴハンは近くの定食屋さんに連れて行って貰ったのですが、これが「めしの半田屋」さんで。これって仙台のチェーンですよね!私はいつか行きたいと思ってましたが、まさか名古屋で経験しようとは。中はカフェテリア形式、好みのオカズを選んでトレーに。最後にごはんやミソ汁、麺類などをおばちゃんにオーダーして会計します。初めてだとね、あまりの品数に圧倒されて多く選びすぎる罠がッ!(たぶんこれも狙いの内)それでも600円で収まるのだから相当に安いモンです。注意点としては、ごはんは中盛りだと一般人には多すぎです。マジで。他にオカズがあるなら小で充分だと思われます。

仕事はチャッチャと片付けて、名古屋めしをエンジョイするはずでしたが・・・。予想以上に押してしまったので、まずは地元のスーパーに駆け込んで「宮きしめん」と、極太2.2mmパスタ「ヨコイのスパゲッティ」レトルトパックの「ヨコイのソース」をゲット。これで自宅でミラカン(ミラネーズカントリー)が楽しめるハズ。他にも、寿がきやの「みそ煮込みうどん」5個パックを。これは昔、晴海でコミケがあった頃に寿がきやFANのサークルさんが出ていて、話し込んでたらお土産ですってくれたんですよー。懐かしい品。

臨海高速鉄道あおなみ線で名古屋駅まで戻り、急いでナナちゃんを見に行った後、期待していた喫茶店文化は時間的にムリだったので涙を飲んでスルー。せめて百貨店の地下街で「千寿」の天むすや「風来坊」手羽先をお土産にして~と思ったのに、名古屋のデパートは軒並み20時でラストなんですねー。残念!キヨスクで、「赤福」と「なごやん」(キティちゃん仕様)を買って、のぞみで帰りましたとさー。ココロ残りが多すぎるので、また行きたいですねー!名古屋。

【参考リンク】

名古屋麺食い天国
名古屋めしの生きた情報が手に取るようにわかる!げそ天さんのサイト。特に「出張・旅行 NAGOYA耳より情報」のコーナーは、泣けるほど嬉しかったです!不慣れな土地で、限られた時間内で行動する人間にとって、どれだけ心強かった事か。これってその土地に暮らす住人にとっては、なかなか出来ない視点なんですよね。おもてなしの心を感じました。(ウチのサイトはコスプレを知りたい人達にとって親切であるのか?と、小一時間(^^;)


名古屋喫茶店物語
独特に育った、誇るべき名古屋の喫茶店文化。その個性ありあまる喫茶店の数々を紹介してくれるのがこちらのサイトです。運営者の永谷正樹さんは、今出ている雑誌「宝島」(3月号の特集記事は『超好景気!「名古屋」にあやかりたい』)や「おとなの週末」にも執筆されているフリーのライターさんだそうです。日記は関係者ならではの、話も聞けて必見!(BBSでは粗相をしてしまってスミマセンでした)


めしの半田屋
こちらの公式サイトで目を引くのが「生まれた時からどんぶりめし」のビジュアル。カワイイ女の子が、どんぶりメシかっくらってますっ!これだよ、コレ~(笑)!!(思わず右クリックで画像保存)都内では池袋にしか無いみたいだけど、増えて欲しいなー。社長さんの挨拶も必見。飽食の時代と呼ばれる現在においても、このコンセプトは大切だと思います。基本だもんね!(西原理恵子センセイも「シアワセは暖かいゴハンのなかにある」と作品中で仰ってます!)


名駅ドットコム
名駅ってナンダ?各駅って字と似てるよ。そんな疑問に答えてくれるのが、このサイト。名古屋駅を縮めたのが名駅らしいのですが、読みは「めいえき」なんですねー。中心地が中央区や中区(こちらは存在する)では無く、中村区なのも名古屋を知らない人間にとっては判りにくいですね。新幹線を降りても西口・東口ではなく、太閤通口と桜通口なのでご用心!初めて名古屋駅に降り立つ方は、こちらで地図をチェックしておくと、いいスタート切れますよ!巨大なダンジョンと化した名古屋地下街も、こちらの地図で位置関係だけでも把握しておくと全然違います。(判りにくいのは異邦人にとってであって、それを育んだのはその土地土地の特有の文化。大切にしたいですねー)


中部国際空港(セントレア)
2月17日オープンする、国際空港セントレア。昇り調子の名古屋経済を、2005年度さらに押し上げる期待をされているのが、この開港と万博なんだそうです。私もこちらの関係で拡張される業種のお仕事でした。


愛・地球博
2005.3/25~9/25に開催される、名古屋万博。アクセス方法についての情報が、階層深すぎるなー。TOPページからダイレクトに飛べた方が親切ですね。


世界コスプレサミット 2005
だいぶ情報が出てきましたねー。えー!?日程は「7/31か8/7の予定」では無くって、7/31と8/7なんですか??各国代表の選考の様子も、WEB上でどんどん公開されるようですよ。タイワンや韓国の情報って伝わってくるけれど中国のコスプレシーンは初めてなので、個人的には興味津々です。ただ日本代表を探すのは難航しそうですね~。クローズドの空間で育って来た日本のコスプレ界。市内でのパレードや舞台でのアピールは馴染みが無いですものね。この辺りも含めて注目しております。応援しておりますよー!当日は、現地に飛ぶかも~。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバーシティ蘇我、今春オープン!


千葉を通過して国道16号を南下していくと、ちょうど京葉線の高架下をくぐる場所があります。その右手には、製鉄会社が売却した広大な土地を利用して、現在イトーヨーカ堂を中心とした大きなショッピングゾーンを作っているのが見えるんですよ。国道側から見える範囲はそれほど多くはないんだけど、これがなかなかダイナミックに変るみたいですよー。

全体の名前が「ハーバーシティ蘇我」。そのウォーターフロントエリアに出来るのが、セガが企画・開発している大型複合娯楽施設「フェスティバルウォーク 蘇我」で、4月28日オープンだそうですヨ!シネマコンプレックス「XYZ・シネマズ蘇我」、温浴施設「スパビューナ蘇我」、アミューズメント施設「セガ アリーナ 蘇我」、海鮮飲食市場「とれとれ市場千葉店(仮)」 、セガの業務用ゲーム機『甲虫王者ムシキング』をテーマにした子ども向け施設「ムシキングコーナー(仮)」を核とする5つのエリアで構成だそうですヨー。これは、オープン当初は渋滞必至ですな。

蘇我は、房総方面に伸びる外房線と内房線の分岐点で、東京へは総武線のほかに京葉線も選べる便利なターミナル駅です。成り立ちとしては、むか~し千葉が誘致した川崎製鉄所の城下町。労働者の皆さんが全国から集まって来た形で、千葉の中でも雰囲気的にはあまりお上品なカンジではありません。バブル期にはまだ良かった川鉄もすでにJFEに変り(名前も無くなってしまいました)、工場を縮小して余った部分がこの用地となったようですね。千葉市内を中心にモノレールが走っているのですが、他の土地から来た友人に見せると「吊り下げ式なんだ~」と皆さん珍しがります。この目障りかつ、レールや橋脚に積もった雪が下の道路に落ちてくる危険で不便な交通システムも、当初は地下鉄を予定していたそうです。しかし「それでは鉄を使わないではないか?」と、当時千葉に大きな税金を落としていた会社が計画を改めさせたとか(^^;

私はまだ立ち入った事がないのですが、三つに分かれた街並みの内、特にウォーターフロントのS1街区「製鉄所の時代を思い起こさせ、記憶する港町,倉庫,工場の風景」などは撮影などにも良さそうですねー。映画見て、風呂入って、美味しいサカナを食べて。いろんな楽しみ方が出来そうで、いまから楽しみにしています。


【参考リンク】

セガ、千葉県蘇我に大型複合施設「フェスティバルウォーク」をオープン 」 (電撃オンライン)

商業施設開発のネクサス
ハーバーシティ蘇我のデペロッパー。全体の概要などが見れます。


【追記】
サーチエンジンから飛んできて下さる皆様へ。これは1月の時点で書かれたもので、実際のオープンは4/27と、当初とは一日ズレた形になってますね。オープン前夜の状況をリポートしてみましたので、一端TOPページに戻るか、4/26の投稿をチェックしてみて下さいねー。朝、10時に前を通った時点では、アリオモールにはアドバルーンも昇り、周辺道路に大きな渋滞はありませんでした。

ただ、警備員さん。あの立ち方。あの面構え。まだ新米さんのようで、実に心配です~(笑)きっとこれから数々のキッついトラブルを体験して、現場で鍛えられて行くとは思いますが、まずはビシッと立たないと。

警備とは、目に見えない「安全」を売る商売。平時はその存在で、トラブル時は的確な判断と素早い対応で。頑張って下さいねー!(オープン前夜、ぐるり一周してみても誰一人として、警備の人間は立って無いので、とても危うく感じていました。要所に人員を置いてヒトの出入りを管理しないと。やろうと思えば私だって、妨害活動が出来ちゃいそーな・・・(^^;)


| | コメント (0) | トラックバック (2)

はるとさん (ゾンビ屋れい子)


10D_050123_001a.jpg

大きい画像はこちらです。

2005年最初に紹介させて頂くコスプレイヤーさんは、1/23の東京コスプレキャラクターショウより、はるとさんの秘園れい子です!はるとさんは、いつもは男装メインで女性キャラは本当に珍しいそうですよ~。背も高くって、凛々しいヒーロー&ヒロインがとても似合ってらっしゃいます。お写真は、Cureにも沢山載ってますのでチェックです!

「ゾンビ屋れい子」は、月刊ホラーMで連載された三家本礼(みかもとれい)センセイの作品で、これがデビューなのかな?いきなりの大人気で6年に渡って連載されました。一巻の説明では「ゾンビ屋とは、死人の目を開け真実を語らせ、報酬を得る」とありますが、二巻からは一転!ジョジョばりのスタンド合戦に、お色気とコメディー風味増量へとシフト。結果、これが良かったんでしょうねー。私は単行本で追いかけてましたが、最後まで読者を飽きさせませんでした。

単行本には、三家本センセイの自画像とコメントが載っているのですが、私ゃ途中までずーっと女性なのかと思ってましたヨ!なんと言っても血がドバーっ!の大判振る舞い。殺しの描写は完全なオーバーキル、死んだ人間も二度三度殺すようなイキオイでー。男性なら血も好まないし、ここまではやらないだろー?と思い込んでたんですね。途中の巻で男性だとゆー事が判明するのですが、この中性的な絵は意図的だったんでしょうか。でも、当人えらく巨乳好き!巻を追うごとにキャラのバストがどんどん大きくなってますっ(笑)!

絵は上手いんだかヘタなんだかよくわからないんだけど、ともかくオモシロイ!血、狂気、そして腕がモゲても働く健気なゾンビ達(笑)!汚濁の極み、混沌の中にもキラリと輝く美しさがあります。おススメー。


【参考リンク】

ULTRA STOIC
はるとさんの、魔法のiらんどサイト

ぶんか社公式サイト
ゾンビ屋れい子は全11巻、好評発売中


| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京コスプレキャラクターショウ


本日は、有明TFTビルで開催されたコスプレイベント「東京コスプレキャラクターショウ」に行って来ました。他には同じく有明の国際展示場にてCOS-DAYが。蒲田の産業プラザPIOでは、コスプレヘブン+プラスが開催されました。COS-DAYはビックサイトの西屋上が半分ほど使えたのですが、途中からは雪混じりの雨。気温も10度以下と、屋外も使えるイベントとしては期待していたのですが、残念な状況でした。PIOのコスプレヘブンさんは、新規立ち上げのイベント団体です。参加された方の話では、入場料もサービス特価が導入されていた事もあって参加者も多く、記念すべきスタートが切れたようですね!

TFTの主催はJCCさんでした。思えばワタクシ、JCCもTFTもかな~り久しぶり。主催や古株のスタッフさん達とは設立の頃からの仲なので、撮影に疲れると受付けに遊びに行きます。会場内は酸素濃度が低下しているので、あの辺りがちょうど涼しくてリフレッシュ出来るんです(笑)

最近は10時オープンなんですね~。本日はホール500とホワイエ、あと寒いけど外の通路が使えました。ちょっと狭く感じる程度に混んでましたヨ。ホール500内には中央にイスが設置されて休憩所になってました。これは壁際を撮影スペースとして有効に使えるようにする配慮なのですが、この辺はJCCさんは上手ですねー。

午後になると、ホワイエの半分が座り込みスペースと化していましたが、これはこれからどう対応していくか?課題のようです。昔、とは言ってもホンの1~2年前ですが、こんなに通路のど真ん中で座り込む人達はいなかった気がするのですが、どーした変化なのでしょう?

屋外の撮影場所も雪で、早めに閉鎖されました。帰りを心配してか、引けも早かった様子です。東京の交通機関はホント雪には弱いですもんねー。私はワンザ有明のシャワーツリー前で休憩した後、流れ流れてアキバの天満堂に辿り着きました。昨年末に店内改装が入って、食事の後に会計する方式になってました。あのとても機能的な最新型券売機を撤去してしまったのは、なんだかモッタイナイ気がします。末広町の上野寄りですが、近くにガストなども出来て、便利になって来ましたね~。

【参考リンク】

JCC公式サイト

東京ファッションタウン(TFT)公式サイト


| | コメント (0) | トラックバック (0)

掲載記事のその後さぽーと

【たまーぁさんV2達成!】
カメラ雑誌CAPAで開催されている車のレース写真コンテスト「流し撮りグランプリ」、たまーぁ(吉田一三)さんが昨年に続き二冠達成ですー。おめでとう~!さて今年、2005年度はどうされるのでしょう?三冠を狙っちゃいますかー(笑)!

たまーぁずはうすでは、オートサロンのリポートも公開されましたヨ!企業系サイトも含めて、これだけの視点や切り口でリポートしてくれてるのは見た事が無いです。本来のオートサロンの雰囲気を伝えてくれました。必見!

たまーぁずはうす


【スピードグラファー】
年末に締め切られたヒロイン役の声優オーディションですが、約2000名が集まった一次選考の結果が公開されました。なんと二次選考はWEB上からの一般投票もあるんですね~。現在、公式サイトでは10名のプロフィールと写真が公開されています。さてさて、どなたが選ばれますか!?あなたなら、どの子を選ぶ??

あのTokyoLomoHeadsがリセットして、SUPERHEADZ INa BABYLONって名前になったみたい。これからプロモーション関係で関わってくるそうです~。

スピードグラファー


【アニメ@nifty】
恒例のコミケ67コスプレ写真集が公開されましたよー。公開まで時間がかかったけど、後なってみれば掲載人数が多いのは、コミケの記録とゆー観点からすると大きな意味を持っていると思います。今回から閲覧には、無料ですがID登録式になりました。企業側にとっては、誰が・いつ・どれくらい見たのか判って便利だとは思うけど、それは見る側には関係の無い事。私は長年ニフティにお世話になった側だから贔屓目入ってはいますが、残念ながらココだけは敷居は上がってしまった印象はありますねー。

アニメ@nifty

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京オートサロン

10D_041128_001a.jpg


写真はこちらのオンラインアルバムにて
サムネイルを二段階クリックして、もう一度クリックすると大きなデータ(512×768)が別窓で開きます。二段階目の画面で右上の矢印マークで移動していくと効率よくチェック出来ます。


1/14~16まで、幕張メッセにて「TOKYO オートサロン 2005 With NAPAC」が開催されました。ドレスアップやチューニングされた自動車の祭典です。私は幕張メッセが地元とゆー事もあって、年明けのこの時期に開催されるオートサロンには毎回足を運んでいます。

仕事の都合で最終日しか行けなかったのですが、いや~幕張メッセの周辺道路は大混雑!駐車場への渋滞で身動き取れない状況。千葉と東京と結ぶ重要な幹線なので、生活や仕事に使っている方には大層ご迷惑をおかけしていますね。さらに拍車をかけるのが、誘導の問題です。委託された警備会社のスタッフはいるのですが、現場の末端まで情報が届いていないので、いつの時点でどの駐車場が使えるようになるのか?まったくわかりません。東京方面からクルマで来ると大きな立体交差を使って大駐車場にアクセスする形が多いと思いますが、それを降りた時点で駐車場が満車のアナウンスをされても大きな時間のロスをした後では困りますよね。乗せて行ってくれた、たまーぁさんはその辺りの事情をよく知っていたので、スムーズに臨時駐車場に入る事が出来ました。

土曜日の雪の予報は外れたものの、日曜日も終日冷たい雨が降り続けました。大駐車場からメッセをつなぐ通路は、水に濡れたタイルがツルツルで非常に危険です。普通に歩いていてもヤバい感じでした。きっと設計段階では雨を考慮に入れていないんでしょうねー。駅からの上下移動多いアクセスもありえないですよ。東京ビックサイトも幕張メッセも、これだけの動員を受け止める事が出来ないのが日本の大型コンベンション施設の実情です。

館内に入ると、まずはコインロッカーの確保。雨を防いでくれたパーカーは濡れているし、熱い館内ではお荷物なので預けました。徒歩メインの方は傘の扱いに困っていたようですねー、そのまま捨ててしまうヒトも多いようでした。

この業界、流行の移り変わりが激しいですねー。VIP、ミニバン、スポコン、ローライダー、ガルウィング化etc。一年でガラリと代わります。好きでやってるならともかく、単に流行の尻馬に乗っかるだけではキビシイのでは?たまーぁさんの話では、今年はD1関係の車両が多いそうですね。

車両関係では、個人的に面白かったのがコペンのトレーラー。たぶん、サーキットまで自走して行って、Sタイヤに履き替えてレースを楽しむとゆーコンセプトなのでしょう、リアのトレーラー部分にはキチンと4つのタイアが収納できるようになってました。車両重量が750Kg以下なら、けん引免許無くても気軽に楽しめますもんね~。たまーぁさんの話では、トレーラー部分も格好だけはディスクブレーキ仕様になっていたそうです(笑)

ダイハツ、コペンの後ろにハーフコペン? 」 (AGN)

その他では、パイオニアブースで車載オーディオの体験が出来ました。デモカーも豪華で、ランボルギーニ・ガヤルド、アウディ・オールロードクワトロ、ブラバス仕様のベンツ、トヨタか日産の大型ミニバンの四台。ガヤルドは、知ってまいましたがガルウィングじゃないんですよねー。残念っ!スーパーカーのオーラがちょっと足らない印象でした。総額200万円オーバーと言われたオーディオユニットですが、正直うーん・・・ってカンジで。私の耳ではクオリティを知覚出来ませんでした(^^;

パイオニア、ガヤルドで2人きり 」(AGN)

会場内のゴハンは、出店も多くてイイのですが、どれも高いですねー。暖かな食べ物が欲しかったので、蒸かし立てのミニ肉まんとシュウマイ5個(500円)をチョイス。チト高いですが、暖かな食事はなによりのご馳走です。例年ですと、この時間帯ではすでに会場内もヒートアップ!私なんかTシャツ一枚になってる頃ですが、悪天候の為か?その為に来場者数が減ったのか?さらに長袖のシャツを一枚はおって適温でした。お腹出しのデザインの衣装が多かったコンパニオンさん達ですが、寒くは無かったのでしょうか?ライトも当たってるし動いている時は大丈夫、なのかな?

私の参加した最終日は、閉会後は即撤収作業が入ります。私は2F通路から見ていましたが、自走して帰って行く展示車両たちを見るのは、なかなかに壮観でしたよー!腹に響くエンジン音、上からの視点は新鮮でグラマラスなボディがよくわかりました。某社のデモカーのディアブロ、車幅灯が右だけ切れてるなーとか、軽量化の為にスクリーン交換した車両は雨が降っているのでテープで目止めして帰るとかも。

撤収作業に入る業者さんは、時間に追われている為かモノスゴイ状況でした。搬入・搬出の出入り口はいくつかあるのですが、特に大型車両の入れるマリンスタジアム側の出入り口は大混乱。周辺には、大型トラックが二重三重駐車ですよ。反対車線の右折レーンまで業者の車両が占拠。無法地帯でしたねー(笑)

すでにオートサロンのリポートがあちこち掲載されているので、詳しい情報はそちらでどうぞ。企業サイトですと、ResponseにAutoGalleryNetやMSN。人気ブースのコンパニオンさんなら、モナ研さんちをチェック!美しいコンパニオンさん写真は桐野さんがさすがですねー。高級車事情なら、奈緒さんの日記を。また公開されてないですが、総合的なリポートはたまーぁさんが出してくださるので要チェックですぞ!

【参考リンク】

オートサロン公式サイト
オフィシャルの情報はココ!福岡や札幌でも開催されています

レスポンス
展示車両からパーツ、コンパニオンさんまでフルサポート

東京オートサロン2005 with NAPAC
RQの美咲あやさんのコメントと、美しい写真が楽しめる会場リポート。黒い服を着たコンパニオンさんが下からライティングされているブースの写真を見ると、そのカメラマンさんの腕が如実に判りますね。プロカメラマンに上手と言うと失礼にあたるかもしれないけど、さすがです~!Car@niftyです。

オートギャラリーネット
会場からのリアルタイムレポート、お疲れ様でした!

ALL About Japan/レースクィーン
コンパニオンさん特集なら、ここが最強ページ!掲載人数もスゴいけど、すべて名前が入っているのが嬉しいですね!取材も大変だと思うけど、編集がまたご苦労だと思うなー。

モーターショー特集
MSNのクルマ関係のページ。

-go-
モナ研さんのサイト。今回イチバン人気の『HOUSE OF KOLOR』のコンパニオンさん写真有り。これ、単に行けば撮れるってモンじゃないんですよー。ブースにはショータイムの前から二重三重に取り囲まれて、これだけの写真撮るには相当待ったのでは??写真見ると最前列で撮ってますよねー。

山本晋也のランク10国
トゥナイトでお馴染みの山本カントクの動画レポート

たまーずはうす
月刊CAPA誌の流し撮りグランプリ、見事二冠達成なるか!?発表は1/20発売の雑誌にて。

HP放置日記
カメラマン仲間の桐野さんブログ。お姉さん写真を撮らせたらスゴイよー!写真はクリックして、大きなデータをみてみて。

暇人日記
内容を拝見するととてもヒマ人とは思えない、東奔西走の奈緒さん日記。SL500納車おめでとうございます~。個人的には1/2の日記にある、アリスト疾走中の写真が不思議で不思議で。いったい、どこから撮ったのだろー(笑)??


| | コメント (2) | トラックバック (1)

米沢代表のコミックマーケット67レポート

コミックマーケットの主催者である米沢嘉博さんのコミケ67のリポートが公式サイトで公開されました。二日間開催の経緯や初日の雪の件など、冬コミの総括が書かれています。入場者数は、初日(28日)が18万人。そして、二日目(30日)が19万人。タイトなスケジュールに突然の荒天の中、よくもまあ無事に終わったものだと思います。準備会や参加されたすべての皆さん、お疲れ様でした!

コミックマーケット67アフターレポート


企業系のサイトでは、レイヤーズシティさんがリポート早かったですね。大盛況だった「となりでコスプレ博」の写真も見れますよー。他にも同人誌販売&コスプレサイトのこすぷれっくす.tvさんでは、コミケ初日のリポートが見れます!コスプレイヤーさんご本人のコメント付きが嬉しいですねー。まだ公開されていないようですが、例年の事を考えると、コスパさんやアニメ@ニフティさんのコスプレ関係のリポートも楽しみですね!期待してます!

LAYERS CITY

こすぷれっくす.tv

COSPA

アニメ@nifty


【追記】
ちなみに昨年の夏コミ、コミックマーケット66の入場者数は、初日16万人、二日目17万人、三日目18万人でした。今年の冬コミも二日間開催です。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

きょう「千葉国」誕生


し、知らんかったー。2005年1月1日。
すでに国家として、千葉は独立していたのか。

そうだ!
国民よ立て!悲しみを怒りに変えて、立てよ!国民よ!
我ら千葉国民こそ選ばれた民であることを忘れないでほしいのだ。

きょう「千葉国」誕生 /千葉 (毎日新聞)

所信表明はともかく「これが脅威の国力だ!!」あたりは読んでおいて。これが私の住む独立国家「千葉」のスペックなのですッ!(ええ、どーせワタシゃ、千葉都民ですわ。)


| | コメント (1) | トラックバック (1)

コスプレ関係の話、ピックアップ


この冬のコミケ速報版も、とっても多くの方に見て頂きました。もう一晩で7000とか8000カウントとか!注目して下さった方、ウチのサイトを取り上げて下さったサイトのみなさん、ありがとうございました。これ以降は通常営業に戻りますが、こんなサイトでも、たま~にでも結構ですので気が向いたらチェックしてみて下さると幸いです。コスプレに関して興味を持って下さっている方なら、質問でも相談でも大歓迎!気軽にどうぞー。


【中島ひなさんのBlog】
12/30の記事「コミックマーケット67(冬コミ)に行ってきた!!」で、ひなさんが見てきたコミケリポートあり。グラビアアイドルのお仕事もされている、彼女自身が感じた最近のコスプレ写真集CD-ROMのコメントが読めます。私もサンプル見たりしましたが、何か違う世界の出来事のよーで、実感が無かったですね。販売物である以上、需要に応えるのは当然の流れだとは思いますけどね。まー、5~6年まえにお恥ずかしい出来のROMを出した事のあるワタクシとしては、最近の出店サークルさんの増加と、そこから生まれる競争とレベルアップはとても眩しく感じています。

中島ひな的ブログ


【 鉄道系ハイブリッド日記ページ】
おかPさん経由で屋上でお知り合いになった、ぱそさんのページ。昨年は機材一式を盗難に合われたりと災難でしたが、今年はまた元気に行きたいですねー!外部ストロボ禁止についての考えを書かれていたので、ご紹介。アンケートを書いて出したのは、とっても良い事と思います。夏コミに向けて計画されている撮影者登録と絡めて、こんど私の立場での意見も書こうと思ってます。

てつはう


【イベント情報誌C-NET】
C-NETさんのサイトを拝見していたら、なんとイベント情報誌としての「C-NET」は、1月10日発売号より無料配布となるそうですね。長い間、お世話になったんですよー。現在は、イベントの運営団体としての活動がメインになったからなのでしょうか。もうWEB上で情報発信していますし、紙媒体の時代では無いのかもしれませんねー。昨年の後楽園で、すでに主催イベントメインで無料配布されていたので、この日が来る事は想像しておりました。

C-NET公式サイト


| | コメント (0) | トラックバック (2)

あけましておめでとうございます!


謹賀新年。本年も、どうぞよろしくお願いします。

冬コミ、お疲れ様でした!お雑煮食べました!?どんなお正月ライフ過ごしてますか?使い魔参號さんが、神奈川からインプレッサを駆って遊びに来てくれたので、1/1だって「映画の日」だ!と思い立って、海浜幕張駅前のシネプレックス(ここは音響もシートもイイのでお勧め)に向かいました。が、もう駐車場待ちの大行列を見ただけでメゲました。ざんねーん!正月早々の撤退切りーッ!!

このサイトは初めましての方もいらっしゃると思うので、自己紹介とサイトの使い方などを。えーと、私がこのFREE FALLを運営している、じっぷと申します。最初は同人の売り子でスタート。当時、コミックマーケットは晴海国際展示場で開催していました。そこで初めて見たコスプレに感動したんですね~。当時コスプレをする方達が、自慢のネタを披露する場は、コミケしかありませんでした。年に二回のコミケに合わせてだから、そのテンション!気合の入り具合が違います。現在の、都内では毎週末複数のコスプレイベントが開催され、好みに合わせて選べる状況とは隔世の感がありますねー。

現在は、このFREE FALLでのイベントリポートを中心に活動しています。別にカメラが好きなワケでもないですし、撮影が得意なわけでもありません。また、してみたい気持ちはあるけれど、未だコスプレイヤーでもありません。どちらかとゆーと、下世話な言い方をすればイベントウォッチャーがニュアンス的に近いですね。今後、さらに盛り上がるのか、徐々に衰退していくのか知りませんが、しっかりその動向をワッチし続けようと思ってます。右目で熱く!左目では冷静に。

2004年はブログが大流行!もうすでに見た事があったり、始められた方もいるかと思いますが、FREE FALLの使い方を軽く説明しておきますね。まず、何はともあれTOPページ。最新の更新から古い記事に向けて昇り順で表示されます。内容は、イベント開催情報からリポート、その他コスプレにはまったく関係ないネタまで、テキトーに放り込まれていきます。各記事にはインデックスが付けられていて、右サイドの「カテゴリー」で好みのネタを拾えます。時系列でイッキ読みしたかったら、左サイド下の「バックナンバー」にて。この記事を書いていて初めて知りましたが、この@niftyのココログとゆーシステムでは最新の10件しか表示されないんですね。スタート時から読みたい場合は「バックナンバー」をクリックして下さい。大きなイベントリポートは、左サイドの「イベントリポート」にて。毎週末の通常のイベント報告は右サイドの「イベントリポート」にて。だいたい1イベントに付き1名のコスプレイヤーさんの紹介で終わるのが、最近のスタイルですね。これは拙者の精神的・時間的な制約上での妥協点。申し訳ないっす。

ブログはTOPページでも、各記事(固定リンクをクリック)にもリンクを自由に張ることが出来ます。他にも各記事にコメントやトラックバックゆー機能があるのですが、ウチの場合はあまり活用されていないのが現状です。ブログをやりたくてココログを使っているワケではなく、更新のラクさを買っています。今は写真などを沢山はれる大容量をウリにしていたり、無料サービスを提供している所もあるので、更新が頻繁であったり、日記ベースで情報発信したい方にはおススメですよー。判らない事があったら、気軽に掲示板やメールで聞いてみて下さい。相談に乗りますヨ!

注:Weblogの解説は、加野瀬未友さんのサイトの「Weblogツールリスト」にて。
ARTIFACT -人工事実-

2005年のコスプレ界ですが、どーなって行くんでしょうか。冬コミに参加された方は、ご存知だと思いますが、もうコミケにしても、となりでコスプレ博にしても、完全にキャパシティーオーバー。これだけの人員を快適に収めるハコは、屋内施設ではなかなか確保できないようです。他にも、メディアの注目度も急上昇!「判るヒト、好きなヒトだけが楽しめる秘めたヨロコビ」から、好むと好まざるとに関わらず世間様との接触があちこち増えてきた問題もありますね。この辺りは、また機会を改めて書こうと思ってます。

千葉テレビの劇場版「機動戦士ガンダム 哀戦士」を見ながら。大人になってから見る初代ガンダムは、またイイものですなー。実は、FREE FALLの名前もガンダムから来てるんですよ!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »