« 「世界コスプレサミット2005」日本予選大会開催決定 | トップページ | 千葉の週末おでかけ情報 »

レザーマン、ブレードレスタイプ発売

レザーマン社のマルチプライヤー。バイク乗りやアウトドアで利用している方が多いですよね~。なんと、今月中にナイフが付かないタイプが発売らしいですヨ!日本のユーザーからの希望に応えてって言ってますが、これは以前アキバBlogさんでリポートされていた秋葉原での取り締まりの影響でしょうか?そもそも万能ツールにとって、一番使用頻度の高いナイフブレードを削除してまで、レザーマンを携帯したい・買いたいヒトっているのかなー(^^;??

西洋甲冑や刀剣を扱う秋葉原の「武器屋」さん(アキバBlogさんの紹介記事)にお邪魔した時に、店長さんにもいろいろ話を伺ったのですが(規制の範囲だったり、解釈によっては範囲外だったりするアイテムを扱われているので、その辺りの知識はよくご存知です)、以前なら腰に着けたナイフポーチにレザーマンを収めていたのだが、秋葉原での取り締まりの話を聞いてからエプロンのポケットに移すようにしたそーです。(営業用のエプロンなので、業務で使用する目的がある限り携帯に問題なし)銃刀法の恐ろしい所は、取り締まる側の都合でいくらでも解釈出来ちゃうのが問題。あと、ブレードを外したからと言って、検挙が目的の警察官による手荷物チェックから逃れられるのかも疑問。

ここ数年は行く機会が無かったのですが、ログハウス作ったりアウトドアライフを好む私は、発売当初からレザーマンツールの存在は知ってました。確か、社長のレザーマン氏がヨーロッパを旅行中、レンタカーが故障して、万能ツールの定番「スイスアーミーナイフ」では修理の役に立たなかった事から開発がスタートしたんですよね?挟む、潰す、回す。モノを掴むペンチに、ナイフブレードやドライバーなどを装備した、マルチツールのアイデアは大当たり!その後、ガーバーやアルマー、スイスアーミーナイフの本家ビクトリノックスからも似たようなタイプが発売されて、一つのジャンルを築いています。

でも結局、私は買いませんでした。初期のレザーマンには致命的な欠陥(個人的にはそー思う)があって、そのペンチにツールを格納する構造上、もっとも力が加わるペンチを握る時に、柄が手に食い込むんですね。もちろんレザーマン社はその事は理解していて、後年その欠点を解消したWaveとゆーモデルを発表しました。現在メインのシリーズはその発展系ですね。自動車評論家の福野礼一郎さんの著作にも「手に食い込む部分に、斜め45度で砥石をあてると良い」とあって、さすが道具使いこなす事について、判ってらっしゃるなーと思いました。

買わなかった理由について、もう一点は活動スタイルがあったかもしれません。常にマシンと向き合うバイク乗り、ツーリング・ライダーの方にとっては、もしもの時の備えとして、また車載工具を減らす意味でも頼りになるアイテムです。でも徒歩、もしくはクルマで移動のパターンの私にとっては、常時身に付けて携帯するには重く、クルマで移動するならばそれぞれ専用のツールを使った方が安価で、使い惜しみが無く、使用時に便利だったからです。

旅や日常生活をおくる上で個人的におススメなのは、ビクトリノックス社の最も小さいモデル「 クラシック・シグネチャーT 」です。これをキーリングに一緒に付けておけば、大抵の事は間に合います。私の使用頻度で行くと、ちょっとしたメモの時のボールペン、手紙を開封するナイフ、トゲが刺さった時のトゲ抜きの順ですね。特にトゲ抜き、これに何度助けられた事か。人間、手足に刺さった小さなトゲでも、かなりライフゲージを削がれますもんね。個人的な最小携帯単位はサイフ、LEDライトを付けたカギとこのクラシックが付いたキーリング、携帯電話です。(早くサイフと携帯は一つにまとまらないものかと、待ちに待ってます(笑))


【参考リンク】

Leatherman JAPAN
レザーマンツールジャパン公式サイト、まだニュースリリースでは発表されていないようです。


アキバでの取締りが「路上看板」から「持ち物チェック」になった感じ
アキバBlogさんの2004年11/22のエントリー。現在でも秋葉原では(大きな荷物を持った人間がメイン?)警察官が積極的に職質をかけているようです。

秋葉原でのコスプレイベント帰り、大きな荷物アーンド人前では出せないアイテムの数々をお持ちの方は、要注意!わざわざ中央通り側まで移動して、アニメイトとかメイド喫茶に寄らない方が安全かもー。


さいくろん光画録
2004年11月11日の日記に、秋葉原で職務質問を受け万世橋署に移動、取り調べの末レザーマンナイフを任意で放棄させられた件が書かれています。パソコンをバラす為の目的では、ツールナイフ所持は軽犯罪法違反になってしまうそうです。みなさんも用心、ご用心!


ビクトリノックスジャパン公式サイト
いま公式サイトを検索して初めて知りました!今年の4月26日の時点で「 スイス・ウェンガー社買収のお知らせ 」だそーですヨ!スイス国防軍にアーミーナイフを納入している業者は、この二社。大きな違いは缶切りの形なのですが、亡くなった作家の開高健先生はウェンガーを好んで使用されていたそうです。

世界的に見ても万能ナイフの業界は、ほぼこの二社が独占。ビクトリノックス9割に対してウェンガー1割のシェアだったそうです。好況のビクトリノックス社はアパレルの業界にも進出していて、今年初めにはNYに次いで『ビクトリノックス・ストア青山』が2月4日オープンしたのをニュースで見ました。

|

« 「世界コスプレサミット2005」日本予選大会開催決定 | トップページ | 千葉の週末おでかけ情報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5200/4203223

この記事へのトラックバック一覧です: レザーマン、ブレードレスタイプ発売:

« 「世界コスプレサミット2005」日本予選大会開催決定 | トップページ | 千葉の週末おでかけ情報 »