« コスプレヘブン in 晴海 080614 その2 | トップページ | 週刊アスキー 7/8号 »

楽しい自転車生活 その2

 

世はまさに交通戦争。
平和だったサイクリングロードも、ずいぶんと物騒になって来ました。

「ヘルメット」「バックミラー」、そして「スティンガーミサイル」の装備は、都市型サイクリストの当然の嗜みとなってまいりました。

しかし、そんなクレバーな自転車乗り達にとっても、意外な所に伏兵が潜んでおります。そう「クルマ止め」です。たった数センチのブロックですが、これが長距離走って疲労した体にはツライ!避けられない!!

こんなの~
080624_001

幾多の戦士達が、このブロックによって散ったことでありましょう。一般公道ならありえない段差。今後「不審物はアンチマテリアル・ライフルによる遠距離からの排除」を進言します!

これもヤバイ!
080624_002

みなさんご存知のママチャリであれば、この程度の段差など問題ないのですよね~。でも、細身のタイアを履くスポーツ車にとっては、この数センチの段差が命取りなのです。

転倒・パンクの危険性が付きまとうので、クツをスキーのように自転車に固定するタイプのロードレーサーに乗ってる方は、ここを自転車を降りて押しながら通過します。これが古い設計の、サイクリングロートと呼ばれているものの実態です。 

 

【サイクリングロード】

順調に1日の航続距離を伸ばしております!

先日ついに東京湾から、茨城と千葉の県境である利根川までの往復も達成。その時は120キロほど走りました。(川沿いに戻ると違う川に誘導されてしまうトラップがあるので、遠回りした分も含む。WEBを検索すると、みなさん結構ひっかかる様です)

花見川サイクリングロード
新川サイクリングロード
八千代印旛栄自転車道線

自転車専用道って無いかしら~。
片道60キロ、ノンストップ!歩行者に配慮せず思いっきり走れる専用道なら、お金払ってでもほしいなー。(自転車始めて二ヶ月目の初心者のホンネ)

【アイテム】

手袋
掌に衝撃吸収パッドのついた、指ぬきタイプの手袋を使用。加重のかかる部分なので、どうしても消耗が激しいようですね。3千円くらいかな?結構高く感じるけど、安全のためにも必需品です。

ヘルメット
OGKってメーカーの製品が日本人の頭の形にフィットするようです。穴ボコが沢山あいたエイリアンみたいなヤツです。これだけ空気が流れるようになっていても、炎天下はキツイですねー。コスプレイヤーさん達がヅラを取った瞬間の爽快感ってこんなかなー?っていつも思います(笑)

▼ 名前がスゴイよ!株式会社オージーケーカブト公式WEBサイト

ヘキサレンチ
自転車の世界では、基本的に六角形のヘキサゴンレンチ(アーレンキー)とゆー工具を使用するネジが標準のようです。mm単位でサイズが必要なので、100円ショップでも良いのでセットで買っておくと便利です。

シートクランプ
シートの高さを固定するパーツです。クイックレリーズとゆー仕組みで工具を使わずに簡単に高さを調節できるようになっているのですが、簡単に盗まれてしまう可能性もあります(笑)

自分にとって正しいポジション(ハンドルやシートの高さや位置)が決まると変更する必要もなくなるので、右のカーボン柄のシートクランプに変更しました。約10gの軽量化です。

BAZOOKA/TAK21、ジャイアント・エスケープR3の場合、サイズは31.8mmのタイプです。締め付けは4mmのアーレンキーを使用。Y'sロードで441円でした。

080624_003

 

【痛みについて】

スポーツタイプの自転車といえば、やっぱりおケツの痛みでございます。細くて硬いサドルにまたがって、激しい運動を致しますので、人間の大事でビンカンな部分がタイヘンなのでございます。

しかし、走りなれてくると、痛みが出てくる部位が変わってくるんですねー!ケツ痛→大腿四等筋→てのひらと、ワタクシの場合は移動しました。

これは、ポジションの最適化により、手・腰・足で体重が分散して支えていること、同じくポジションの最適化により骨盤が立ち痛みが出にくくなったこと。

またペダリングの円運動が上手になってくると、太ももでガシガシ踏むような感じから、体幹のインナーマッスルを使用する事により、疲労を少なく上手に体のパワーを引き出すことが出来るようになります。

サドルの高さがガンガンあがり、すでに座った状態では足はツンツン状態です。でも体を効率よく使用するにはこれが正しいポジションなんですね。その結果、上半身の重さをハンドルで支えるようになるので、てのひらが痛くなってきた形です。最近は前傾姿勢で頭部を持ち上げるので、僧帽筋に負担が来ているようです。

【クロスバイクは中途半端?】

購入する前に、こんな話をWEB上で拝見しました。中途半端なので、すぐロードバイクが欲しくなると。

いまならその理由がよくわかります。スポーツタイプの自転車で走った場合、効率を突き詰めるとやっぱりドロップハンドルのロードバイクになるので、オフロードをガンガンに走れるワケでもないクロスバイクの立ち位置が中途半端って意味だったんですねー。

でもクロスバイクの存在にも、立派に意味があると思うんですヨ。

ロードバイクに比べて安価にスタートできる為、ヘルメット等のアイテム類をしっかり揃えることが出来ること。メンテナンスの基本を覚えることができること。自転車を始めることによって、オシャレにポタリングを楽しみたいのか?遠距離のツーリングをしたいのか?野山をかけまわりたいのか?スピードを追求したいのか?その目的意識をハッキリ自覚することができるんですね。

まずは乗ってみよう!ってことですよ(^^)/

 

【保管】

ただいま玄関の半分を自転車が占拠しております。
家の人たち、ホント申し訳ないっ!!

しかも下駄箱の上はケミカル・工具が並び、傘立ての脇にはフロアポンプが常駐。まさにマイピット状態です。でもマンション住まいの自転車乗りの方は、こんな風になってるの結構多いのではないかと想像しています(笑)

【セオサイクル】

首都圏に多くの支店を持つ、大型の自転車ショップです。ママチャリからスポーツ車まで。購入後の点検・調整・注油無料は、メンテに不慣れな初心者にはとてもありがたいサービスです。見てもらうと、シャッキリとリフレッシュした感じになりますヨ!

サイクリングロード走ってると、整備不良のままキーキーいわせながら走ってるクロスバイク乗りも多いですよね~。シロウトでも40キロものスピードが簡単に出せる移動体での整備不良は、もしもの際に自分にも周りにも迷惑をかけることになります。

千葉市なら店舗も多いので、移動先のどの店舗でも同じく対応してくれるのが安心です。(ママチャリ専門の店舗ではロードバイクを扱えない場合もあるそうです)

 

自転車、楽しいですよ!
興味のある方、気軽にコメント投げてくださいね。
今後もたびたび更新していく予定です。

|

« コスプレヘブン in 晴海 080614 その2 | トップページ | 週刊アスキー 7/8号 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5200/41636275

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい自転車生活 その2:

« コスプレヘブン in 晴海 080614 その2 | トップページ | 週刊アスキー 7/8号 »