コス・クリエイション in 晴海 (070120)

茨城出張ウィークから週末だけ地元に戻って来れたワタクシは、性懲りもなく今年初のコスプレイベントへ出撃してきましたー!千葉を出た時には、気温5度。チラチラと小雪が舞ってました。

晴海客船ターミナル大好き!

『カミヨミ』
紅弥さん(菊理)WEB
熊倉雪子さん(帝月)WEB

5d_070120_023

5d_070120_014


『D.Gray-man』
涼村57さん(アレン)WEB
AYAさん(リナリー)WEB
多田カイエさん(神田)
バービー月野(ラビ)バビさん&カイエさんWEBサイト

Img_6574

5d_070120_224

5d_070120_198


5d_070120_353


5d_070120_271

小雨・小雪が降る中、撮影させて頂いた皆さん。
お疲れ様でした!


【追記】

すげー久しぶりに晴海通りにある東雲イオン前を通ったら、向かいに黒い外観の巨大な建物が!看板も「あなたのウェアハウス」だけで、内容を予測するのも難しく「なんじゃ、こりゃ?」と思ったのですが、検索してみたら分かりましたヨー。

○「 あなたのウェアハウス

ダーツ・コインゲーム等の大型アミューズメントの施設のようですね。店舗情報を見たら、埼玉中心の展開なんですねー。千葉人のオイラは、全然知らなかっただよ。

○「 東京徒然ふぉと日記

Blogで検索かけたらリポートしてくれてるヒトがいて、まだ昨年11月に出来たばかりの様子。24時間営業で、駐車場も無料だそうですヨ!>使い魔参號さん

ぎゃぼっ!店員さんの移動手段がセグウェイだー(笑)!


さて、今晩からまた出張先。
茨城へ行って来まーす!
産地直送の水戸納豆でダイエットでーす!
(え、効かないの(^^;??)


| | コメント (1) | トラックバック (0)

『ZONE-00』 比奈祭さん&夢桜ゆのんさん


私がイベントに復帰した直後。夏前の晴海客船ターミナルで撮影させて頂いた、比奈祭さんと夢桜ゆのんさんです。デジカメを手摺りに置いて器用に自分撮りされていたので「それじゃ不便でしょう?シャッター押しますよー」と、知り合いも誰もいない会場で、一人ヒマしていた私は声をかけさせて頂きました。

当時ゾンゼロは、まったく分からないので「どんなキャラクターなのか?」「作品の世界観は?」「どんな座り方するのー?」「もし手をつなぐとしたらどんな形?」などなど、あれこれ話ながら晴海客船ターミナルをあちこち移動しながら撮影しました。

その後、作品を読んだのですが、これがまたブッ飛んだ作品で。も~、出てくる登場人物の一人一人が主役級。キャラ立ちまくりッ!あまりにキャラクターのパワーが強くって、背景も学校とか海とかほとんと記号なんですね。これほど白ホリで撮るのに適した作品は無いと思いましたヨ(笑)

5d_060721_001_1


今回、FLASHを利用した新しいタイプのスライドショーで公開します。WEB上での写真の見せ方としてスライドショーはよく使われるのですが、こちらのシステムは優秀で、例え大きな画像でも画像ファイルの先読みで待たせる事なくサクサクと見る事が出来ます。縦位置・横位置が混在するアルバムでも表示が崩れないのが嬉しいですね。

見る時は、ブラウザを一番大きくした状態でドーゾ!
次の画像は、画面右側をクリックです。

志萬安吾&九浄三郎 晴海客船ターミナルにて

安吾 夢桜ゆのんさん (HP
三郎 比奈祭さん (HP


【参考リンク】

▼ 「 角川 ビーンズエース公式サイト

晴海会場でビブロスからコミックスが出ていると聞いたのですが、それと以前から知っていたビブロス倒産が頭の中で結びつかずに、その後あちこちの書店を探し回ってました(笑)

作者の九条キヨ先生は嬉しい事に、その後角川のビーンズエース誌に活動の場を移されてゾンゼロの連載を続行してるそうですよー。私が単行本入手出来ないのに、なぜ台湾のコスプレイヤーさんがコスされているのか?すべの謎が解けました。今日。


▼ 「 フォトスライドショーツール CINRA babi

前にJCATさんと地元の回転すしで飲んだ時に、いろいろ写真を表現する為のツールを試しているとゆー話は聞いてました。私はてっきりzphotoなどのサムネイルにFLASHを使うヤツを想像していたのですが、初めてそのツールに触れた時に、あまりの優秀さに驚きました。

しかし一回触れば判るものの、初めての方には説明が無いとちょっとだけ不親切かな?と思い、最初の画面に矢印と最後の画像を表すENDを付け加えました。これなら視線誘導によって予備知識無くても使えますよね。初めての方にも優しいインターフェースって、とても大切だと思うんです。デザイン系の方なら、このフォントやデザインにこそ腕の見せ所~!なんでしょうけれど、今のワタクシにはこれが精一杯(笑)


▼ 「 まんが広場 北池袋店

蔵書数70000冊!私の知る限り、最もマンガの在庫が豊富なマンガ喫茶です。池袋の北口を出てすぐの好立地。マイナーな作品もちゃんと押さえてくれてあって。ZONE-00もビブロス版の1~2巻がちゃんと置いて有りました!

禁煙指定だと自動的に受付のある5Fになるのですが、ディープなマンガは6Fに揃ってます。まずは隅から隅まで探検してみる事。残念なのは月刊などのマンガ雑誌が少ない事かな~。どこかマンガ雑誌や写真集が充実しているマンガ喫茶、ご存じないですかー?


| | コメント (4) | トラックバック (0)

『ライチ☆光クラブ』


ゼラ!ゼラ!!
まだ読んだ事ない方は、ぜひ読んだ方がイイと思うよ。

学ラン・アングラ・美少女・エロ・少年愛・マッドサイエンス。混沌とした世界観の中で進む、少年達の残虐かつ美しい破滅の詩。

大田出版
古屋 兎丸作 『ライチ☆光クラブ』


5d_060924_002

向かって左より

漆黒の薔薇 ジャイボ CN.納俊一さん
廃墟の帝王 ゼラ CN.黒栖さん (合同サイト

風邪ひいたかもー。
後で追記&写真追加しますです。


日曜日に仕事が終わったのが、午後5時。幕張のTGSも終わってるので、カメラ抱えて水道橋の後楽園に行って来ました。も~、イベント行っても誰も知り合いがいなくってさ。寂しい限りですヨ。

そんな中で見つけたのが、ライチ☆光クラブのコスをされていた、このお二人。初めてお会いする方に、場所や光を選ぶ遊園地イベント。まずは、一人で背景になる場所の写真を撮りに行って、それから声をかけさせて頂きました。説明して信用して頂く所からスタートするのは、とても大変です(^^;

5d_060924_004


後楽園ゆうえんち内を、あちこち移動しながら撮影していると、「ライチですよね?」と声をかけてくる女性が結構いましたねー!掲載誌が少々マイナーな雑誌だったのですが、知ってるヒトは知ってる、そんなカルトな作品です。

私も単行本化されてから初めてその面白さを知ったのですが、聞いてみると皆さんコミックスから入られた方ばかりでした。中身が確認できないシュリンクされたパッケージ、手に取らせるのはまさに表紙の魅力でしょうね~。ジャケ買いですヨ!?黒栖さん達も本を買ってから、一週間で衣装揃えて光クラブコスを始めたそうです。この熱さが、見てるだけの私にも伝わって来て嬉しいです。

作品世界を熟知している二人だけに「ここでこんなカンジで!」ってお願いするだけで、即ハマるポーズを取ってくれるのが、ありがたいです。モノクロも出して見ましたが、白黒写真撮った経験が少ないので、こんか感じで良いのかどーかわかりませんが。そこはノリとイキオイで(笑)

5d_060924_003


古屋兎丸先生の作品ですが、実は別な作品を紹介しようと思ってました。現在、コミックバンチで連載中の『彼女を守る51の方法』です。就職活動でお台場にやってきた三島ジンは、Zepp東京にライヴを見に来ていた幼馴染の岡野なな子(ゴスロリ美少女)と再会する。そこで巨大地震と遭遇。巻き込まれた二人の未来は!?

二人は、ウチらが良く知ってる夢の大橋で被災します。ファーストインパクトの後は、続々とお台場の住人達が出てくるのですが、一般の観光客はもちろん、コスプレイヤーさんだったり、被災しても同人誌を離せないオタク(コミケ期間中ですか?)、コンパニオンさんに(被災してもなお)それを追いかけるカメラ小僧の皆さん(笑)!人間の業をまざまざと見せ付けられます。

連載としてはちょうど一巻が発売された所なので、追いつき易いです。地獄のレインボーブリッジを徒歩で越え、これからさらなる困難が待ち受けてるハズ。大きな環境の変化に、大切なものが出来た彼が変ります。そして、いろいろなモノを抱えていた彼女も成長します。ライチとはタッチが違うのですが、こちらもおススメです!


【参考リンク】

▼ 「 ウィキペディア 古屋兎丸先生のページ
多摩美を卒業されてるんですね!ライチ☆光クラブは、先生が高校生時代に観た「東京グランギニョル」の演劇がベースなんですね。耽美と暴力、圧倒的なパワー。作品を漫画という手段で二十年ぶりに復活させた先生の想いの深さを感じます。

▼ 「 週刊コミックバンチ 彼女を守る51の方法ページ
キミは生き残れるか。

▼ 「 彼女を守る51の方法―都会で地震が起こった日
漫画の原作となった本。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

8/6の晴海客船ターミナル 「コスキャン」

予告通り、日曜日も晴海に推参!
いや~、オドロイきました!

晴海客船ターミナルは、晴海埠頭の突端。大江戸線の最寄り駅からも離れた、陸の孤島。アクセスはクルマか都バスがメインになります。そもそも、そのバスからしてコスプレイヤーさんの数が多かったのですが、3階屋外には入場待ちの行列が出来ていました。

どうやら、主催者さんの動員予想をはるかに超える来場者があった模様。更衣室に入る事が出来ないので列はなかなか進みません。炎天下、チンチンに暑くなっている床に座る事も出来ずに立ったまま待機するのは、予想外だっただけに少々堪えました(^^;

結局、バスを降りて一時間で登録完了。もちろんコスプレイヤーさんは、その後も更衣室待ちがあります。現場のスタッフさんは「ダンパエリアを潰して更衣室にあててますので、もう少し我慢して下さいね」と言ってましたが、13:30のまだ外に待機列がある状態でダンパは始まってました。

この日の都内の各イベント会場ですが、秋葉原は空いていてむしろ快適。夏休みに突入して激混みだった有明TFTは、前評判のせいか珍しくガラガラ。あまりにも少なくて、晴海にハシゴしたコスプレイヤーさんやカメラマンさんも多かったようです。タクシーを使っても、豊洲から有楽町や築地方面に抜ける橋が開通したので乗車賃も安く済むようになりましたね。

私はずっと外にいたので4Fホール内の様子は知らないのですが、関西からもDJ団体が遠征していてダンパとしても盛り上がっていたようです。それにしても、暑い1日でした。


先ほど掲載許可を頂いた写真の一枚目。

宮崎駿監督作品「天空の城 ラピュタ」(スタジオジブリ)より
向かって左側の主人公パズーが、みかづきちろるさん。
右側に立つシータが、る~くさんです。

夕暮れにたたずむお二人。遠くの空に、何か希望が見えそうですねー。

パズー「コミケ晴れるかなー?」
シータ「さぁ?」

なんて話はしていないと思います(笑)

5d_060806_001a_1

この日は多くのコスプレイヤーさんのカメラのシャッターを押しましたが、CanonのEOS Kissデジタル率が非常に高くて驚きました!価格コム最安値で75000円ナリ、衣装代以外にこれだけの金額を割くのは結構勇気が要ったと思いますが、満足度はいかがですか!?

キスデジは一眼レフ入門にはいいカメラですし、バリバリに使いこなされいる方も知っています。ただ標準ズームレンズ&設定はすべてオートのカメラ任せ、窓際確保したら近接戦闘開始!だけでは、モッタイナイと思うんですよー。アップだけならコンパクトカメラでも充分ですし、もしイベントを楽しむ為のカメラの選び方を聞かれたらそう答えます。

でも、せっかく一眼レフカメラを買ったなら、単焦点のレンズを買って絞り(背景のボケかた)をコントロールしてみる。外付けのストロボを買って光を操ってみる。使い方の本を一冊買ってみる(マニュアルを読みなおしてみるのもイイですね)コスプレイヤーさんなら、目の前には気心の知れた素敵なモデルさんがいるワケですもんね。使い方を覚えると自由度が上がり、撮影の楽しさが更にUP!だと思いますヨ。写真を覚えると「人生が豊かになるよ」とSOPHIAの松岡充さんも仰ってます。

二枚目の写真は、尾田栄一郎先生の「ワンピース」よりニコ・ロビンです。佳樹三月さんは他のバージョンのニコ・ロビンやジャック・スケリントン(ナイトメア・ビフォア・クリスマス)で掲載させて頂いているので、左のイベントリポートで探してみるといいかも。

これは、擬似夜景とか背景落としって言うのかな?カメラの使いこなしの一例で、背景の露出(明るさ)を下げて、メインの被写体をストロボで照らす日中シンクロです。ウソくさい不思議な空間感が出るので、少し昔のファッション写真などで使われていたので、女性なら見たことある方も多いと思います。背景がズドーンと抜けている場所を選ぶのがコツ。

デジカメは写真の勉強するなら、とても良い道具です。いろいろ試してみるとイイですねー。きっと私には撮れない、素敵写真がいっぱい撮れるハズですよー(^^)/

5d_060806_005a_1


注:いろいろ試した後は、必ず設定を確認する事!同じ設定で撮り続けて、後で「まっ白or黒だった~」と気付くパターンもあります。(痛い思いをする、それも勉強(^^;??)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『フローラ・コスプレコンテスト』の優勝者はSARAさんでした

いつもの様にアキバBlogさんを拝見していると、どこかで見かけたコスプレイヤーさんのお写真が!な~んと、SARAさんじゃありませんかー。

▽ 「 ブロッコリー10周年記念『プリンセスコンチェルト』発売記念イベント

七月に幕張メッセで開催された「東京キャラクターショー2005」にて、ブロッコリーの10周年記念作品『プリンセスコンチェルト』のヒロイン「フローラ」のコスプレコンテストが開催されました。

実は、結果が気になっていたんですよー。優勝賞金は10万円と、さすが10周年記念作品だけあって太っ腹!?WEB上で告知が開始されたのは7/15。しかし、開催日が7/23と一週間しか準備期間が無いなど、なかなかタイトなスケジュールでした。

キャラショーのリポートLINK集は、RinRin王国さんがこまめに集めて下さっていたので、あちこち拝見させて頂いたのですが、残念ながら皆さん物販にステージにと、それぞれの目的に忙しかったのでしょう。何人かフローラさんが集まったのは判りましたが、コンテスト結果までは判りませんでした。(公式サイトでも発表されてなかったんですよ(^^;)

ただ、どなたかのサイトで「優勝者は韓国からの留学生だった」との記載を発見!これは直感でSARAさんに違いないと思っておりました。彼女とは以前、知り合いのコスプレイヤーさんの紹介で食事をご一緒させて頂いた事がありますが、ブロッコリーの作品イメージに合う、とても可愛らしい女の子です。同じく韓国から来ていた素敵な写真を撮るカメラマンのyukiyaさん(女性です)ともお会い出来ました。お二人は、WEBで拝見していて、ぜひ会ってみたいと思っていた方達です。

その後、ご無沙汰していたのですが、久しぶりにアキバBlogさんで、元気そうなお姿を拝見できて嬉しかったです!異国の地で暮らすSARAさんの事、きっと学校にアルバイトにと忙しい日々を送ってらっしゃるのでしょうねー。なかなかイベントではお会い出来ないのが残念ですが、いろんな経験を通して、日本での楽しい思い出を沢山作って持って行ってくれるといいですね。(現在、スタジオキューブという事務所に、タレントとして登録されたようです)

他にもアキバBlogさんでは8/29の記事では

▽ 「 武装商店で「これが私の御主人様」のメイドさんが武器を見てた

が載ってました。このお二人の姿は、私も仕事帰りに見てたんですよー。中央通りで、携帯で写真を撮りあったり、宣伝用のチラシを配布されたりしてました。久しぶりの秋葉原、噂には聞いてましたが、ホントにコスプレイヤーさん達がお仕事として頑張ってるんだな~と思って遠目に眺めていましたが、まさかKainさん達だったとはねー(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

故(ゆえ)さん (D.Gray-man)


10D_050805_002a.jpg

大きい画像はこちらです。


7/31のコスキャラワールド(TFTホール)より、故(Yue)さんの神田ユウ@D.Gray-manです!

実はDグレ、私もコスプレイヤーさん達に人気なのは存じてました。後楽園なんかでも、合わせのみなさんが沢山いらっしゃいましたよね。ただ週刊少年ジャンプ本誌は追いかけて無くて、その面白さを知らなかったんですよ~。(そーいえば連載始まった頃に、使い魔参號さんから主人公がエクソシストで面白い作品があるぞ~って聞いたよーな)

ちょうど、このイベントの数日前にマンガ喫茶で『D.Gray-man』(星野 桂)を拝見して、見事ハマリ!ファンタジックでミステリアスな世界。そして、ちょっぴり病的なのが現代風?いろんなキャラクターが出てきますが、主人公を最初に歓迎してくれるのが、この神田さんですね(笑)

この日も、合わせで沢山の「黒の教団」(主人公アレン・ウォーカー達が所属)の皆さんがいらっしゃいましたよー。アレンの左手には鬼の手イノセンスを宿しているんだけど(この作品の世界観では、AKUMAと呼ばれる兵器に対抗できる力なんだけど、詳しくはマンガ読んでみて)、その作り一つとってもいろんな表現があって、アレンコスの方は様々な素材で作成されてますね~。黒の団服は厚地で(重そ~)、夏の陽射しを思いっきり吸収しそうですが、夏コミ屋上にも気合の入ったコスプレイヤーさん達が集まるんでしょうね。倒れない様に、頑張って下さいね!(鬼の手、それは『地獄先生ぬ~べ~』)

日本人で黒髪、しかも凛々しくって。そんなキャラクターに、故さんはよくお似合いですね~。日記を拝見すると、この日が初お披露目だったそうですヨ。これからも神田コスは、どんどんされるようですよー!(ちなみに神田さんは男性です(笑)!頂いたお名刺が、アスラン・ザラ。これがまたカッコ良くってー)


【参考リンク】

yue's public
故さんのコスプレサイト

D.Gray-manの小説が大変なことになってたらしい
(ぬるヲタが斬る)


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奈緒さん (うわさのSEXY GUY)

s2pro_030622_001a.jpg

大きい画像はこちらです。


更新が滞っていて、も~しワケ無いですっ!七月に発売されたコスプレ雑誌の話とか、最近急にマイブームの作品のコスプレイヤーさんの紹介とか。夏休みは盛り沢山!今月のイベント情報とかー。コミケの話も、ですね。

とりあえず、緊急の話題から。奈緒さんのサイト、TOPページが消滅してしまいました。ウチのサイトでも何度か取上げさせて頂きましたが、ただいまあの暇人日記は続投されてますので、興味のある方はチェックをー。(この後藤真希コスのお写真も、もう二年前なんですねー。その後、秋葉原のCOS-CAのエンジェルもされてたりしました)

なんと言っても、日記に綴られる奈緒さんの日々!!とてもフツーの20代の女性の日記とは違います。だって、赤のエンツォ・フェラーリ(総額8千万円でしたっけ?公道を走るレーシングカーです)のオーナーさんが、今度は銀のエンツォを貸してくれたって・・・。その人脈。その話題。スケールがヒトケタもフタケタも違っていて、読んでいて目眩がしてきます。クラクラ~っと(笑)

もう最近は旧来のホームページスタイルに拘らない方も増えてますよね。奈緒さんのように忙しくて、写真も載せたい方であれば、ブログに移行しちゃうのが更新もラクだと思いますねー。RSSリーダーを使って更新チェックしていくスタイルに慣れてしまうと「RSSを発信していないサイトはアクセス頻度が低くなる」って説も頷ける気がします。RSSリーダーについては、また今度改めて紹介しようと思っています。


【参考リンク】

暇人日記
後から追記や写真の追加も頻繁にあるので、目が離せません(笑)

フル装備ベンツを破格の50万円で購入、しかし前所有者はフセインだった!
(ABC振興会)
こちらも破格だー!しかも火炎放射器付き(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遥 璃世さん (真・三國無双4)

10D_050717_001a.jpg

大きい画像はこちらです。


7/16の東京ドームシティ「コスプレエキスポ2005」より、遥 璃世(はるか りぜ)さんの星彩(せいさい)です。光栄の『真・三國無双4』ですね~。コスプレイヤーさん達には、無双シリーズは大人気!甲冑や武器など、製作も大掛かりで大変だと思いますが、みなさん力を入れて作ってらっしゃいますよね。

璃世さんとは、と~っても久しぶりにお会いしました。彼女が高校生だった頃ですね、まだ昭島のイベントが華やかだった時代です。しばらくコスプレの世界からは離れていたそうですが、この三國無双でコスプレ制作意欲が大復活!!今年の2月に再スタートされたそうです。最近は、イベントから離れていた方がまた復活したお話を聞く機会も多いですねー。現在どっぷりハマってる方でも、一度世間の風にあたってリセットくるのも、コスプレに対する目線が改まって新鮮でいいかも(笑)!?

今回のイベントのルールでは、この後ろに見える緑のイルミネーションの三角形オブジェの辺りまでが撮影可能のゾーンでした。この撮影場所の指定は主催団体やその開催日によっても、まちまち。変更されている事もあるので、入場する時に受け取るペーパーでまず確認しておくと良いですね。

写真は、ちょうど午後7時あたりでしょうか。日中の暑さが引きはじめ、ちょうど夕暮れから夜の闇へと、刻々と変化していく時間帯ですね。写真的には、その変化の美しさを称えてマジックアワーと言うそうです。コスプレイヤーさん的にはこの三角形のオブジェ、大人気ですよね~。限られた場所なので、みなさん譲り合って撮影されてたりしますものね。この写真ではあまり効果的ではないかもしれませんが、オブジェから少し離れてみるのもまた違った写真が楽しめるかもしれませんよー。

最近増えているブログ専門のサーチエンジン(もの凄いレスポンスで検索結果に反映されます)で検索かけてみましたが、一般のお客さんとしてその日の後楽園を訪れた方の反応も様々。世の中で起きている現象を、好きか嫌いかは別にして、受け止められるヒト、受け止められないヒトもいて、ホントいろいろですね~。特にこの日は、「恋するハニカミ!」のイベントもあって盛況でしたものね。

【参考リンク】

RH+もばいる
遥 璃世さんの携帯サイト(PCでも見れますよー)


真・三國無双4公式サイト

恋するハニカミ! in 東京ドームシティ公式サイト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

片瀬 ゆうなさん (これが私の御主人様)

10D_050703_006a.jpg

大きい画像はこちらです。

7/3開催の「COS-DAY in 東京ビックサイト」より、片瀬ゆうなさんの倉内安奈(これが私の御主人様)を紹介させて頂きます。スクウェア・エニックスから出版されている雑誌「少年ガンガンパワード」に連載されている漫画で、現在アニメも放送中!イベント会場では、このラヴリィーな衣装を身にまとったコスプレイヤーさん達が近頃とみに増えましたねー。

莫大な遺産を受け継いだ少年が、住み込みの家政婦を募集。その制服フェチぶりを存分に発揮したゴスロリミニスカメイド服でゴー!な作品なのですが、可愛いデザインに、男性ばかりではなく女性にも人気が高いようです。

今回初めて撮影させて頂きましたが、片瀬ゆうなさんは本職がWEBデザイナーさんなんですねー。TOPページからして、完成度高いですものね。通常のHTMLでは表現しきれないこの画面の動き、いいな!いいなあ~!私もFLASH勉強しようかな。


【参考リンク】

Yunalog
片瀬ゆうなさんのサイトです!

掲示板は過去ログ拝見すると、自作されたようですね~。私も試みた事はあるのですが、レスが付けられる掲示板が完成できずに挫折した記憶が。PHPって、むずかし~ぃ(^^;


| | コメント (1) | トラックバック (0)

加村尚さん (村田蓮爾画集イラストより)


10D_050626_003.jpg

大きい画像はこちらです。

Coolにして、フェティッシュ!残酷にして、イノセント!?ご存知イラストレーターの村田蓮爾先生の画集イラストより。コスプレイヤーの加村尚さんを紹介させて頂きます。(6/26 有明TFTのJCC主催「東京コスプレキャラクターショウ」)

お会いするのは、実に数年ぶりでした。カッコイイ衣装のお姉さんがいらっしゃるな~。村田センセイっぽいデザインだな~と思ってフツーに話しかけさせて貰ったら、最後の最後で、むかし撮影させて頂いた事のある加村尚さんである事がわかりましたヨ。オレも早く気付け~(笑)

村田センセイのデザインを知ったのは、やはり対戦格闘ゲームの豪血寺一族(アトラス)あたりでしょうか。その後、雑誌の表紙ですとか画集を拝見していますが、女の子ばかりではなく、シブめの男性の絵柄も魅力的です。もちろん、彼の描く女の子の線の優しさ。何かを感じさせる表情。その存在感。好きですねー。私はソーリスとかスーパークララが好きですが、幼形成体はオタクの夢でしょーか(笑)!?(Cureで「花小路クララ」を検索かけたら、1件もヒットしないのねー。これも時代の流れでしょうか。一昔前だもんなー。)

いつもならアンダー目に撮影して、ふぉとしょっぴでトーンカーブをど~ん上げ。コントラストも上げ。彩度も上げ。の、すべてアゲアゲで画像処理してますが、今回は村田先生の色彩トーンにならって、マットめで。加村さんのスタイルや衣装の良さに助けられて、お気に入りの一枚になりました。

【参考リンク】

accela
加村尚さんのコスプレサイトです。

Cure コスプレイヤーコミュニティサイト
検索範囲は登録メンバーのみですが、キャラクターなどの検索で大活躍!私的には、よくお世話になっております。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧